« iPod classic用 dock RCAケーブル自作 Part2 電話線 | メイン | iPod classic用 dock端子への配線詳細 »

2009年6月 8日 (月)

スピーカーの塗装 MDFの塗装 練習編その1

MDFのスピーカを塗装します。

いきなり本番では怖いのでMDFの小片(70円)を買ってきて練習します。

MDFを塗装するためには次の行程が必要なようです。

1 下地処理

MDFは圧縮材ですので塗料とものすごく吸い込むそうです。

ですので塗料を塗る前に「サンディングシーラー」というシーラーで膜を作る必要があります。

サンディングというぐらいで、一旦塗ったとサンドペーパー(紙ヤスリ)で表面のデコボコを削ってから塗料を塗るのだそうです。

2 塗装

下地処理のあとは塗料を塗ります。

今回は油性ニス(ウレタンニス)のマホガニーを選びました。

Jisaku1604000

ホームセンターで一番小さい瓶を買いました。

スプレーという選択もありますが、今回は刷毛塗りです。

サンドペーパーは240番と300番を用意しています。

Jisaku1605000

最後に何か仕上げ剤を塗るかもしれません。

塗料は2~3度塗りを予定しています。

これは塗りながら色の変化を見て決めようと思います。

では作業に入ります。

1.MDFを用意しました。

Jisaku1603000

これに下地用のサンディングシーラーを塗ります。

Jisaku1606000

適当な容器に適量を取ります。

今回利用したのはモズク酢の空容器です。

ヨーグルトでもプリンでも何でもいいです。使い捨てで十分です。

Jisaku1607000

薄く上半分に塗ってみました。0.5mmほどしみこむようです。

Jisaku1608000

ワリと簡単です。ちなみに私はペンキ塗りは初めてです。

コツも何もわかりません。タダひたすら丁寧に塗るだけです。

薄く塗るルのがコツ、と何かに書かれていましたのでムラが無くなる程度でやめておきます。

Jisaku1609000

これくらいしみこみます。なお、このMDFは9mm厚です。

Jisaku1610000

このあと、コグチと呼ばれる切断面も塗り、裏面も塗りました。

Jisaku1611000

Jisaku1612000 

窓際で乾燥させてこのあとお昼ご飯へ。

帰宅後、乾燥を確認したらサンドペーパーがけです。

Jisaku1613000

Jisaku1614000

あまりきれいに紙ヤスリがけ出来ません。

どの程度削ったらいいのかわからないので適当です。

240番のサンドペーパーですので、元々の素材よりはざらざらしますね。

こんなのでいいのでしょうか?

Jisaku1615000

一回塗ったところです。

既に結構、濃い色です。

本当は10%ほど薄め液を混ぜた方が良いという話もあります。

この練習で失敗だと思ったら本番ではそうします。

Jisaku1616000

ついでに真空管アンプの台も塗装しています。

どちらも刷毛で塗っていますが、

刷毛のあとが木目のようで高級感が出ています。

今日はここまでです。

しかし、刷毛がカチカチになっています。

薄め液で洗うものなのでしょうけど、薄め液を買うより刷毛を買った方が断然安いです。

100円以下ですから。

しかし、本番で一番問題となるのはやはりこの部分でしょうね。

Jisaku1617000

このスピーカーの一番のチャームポイントです。

MDFは平面にして塗れ!!とネットでは書かれていますが、

この見事な曲面はどうすればよいのでしょう?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/427337/20094839

スピーカーの塗装 MDFの塗装 練習編その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

記事関連アイテム