« TimeDomain mini タイムドメインmini 改造 その2 Yoshii9風 | メイン | iPod classic オーディオラック? »

2009年6月28日 (日)

Parc Audio DCS-W3試聴

Parc Audio ブランドでおなじみの株式会社ドリームクリエーションさんから

10cmスピーカーシステムのDCS-W3をお借りしました。

06271711000

梱包を解いてスピーカーを取り出したときの最初の印象は「小さいな」でした。

06271714000

ここまで小さいとは思いませんでした。

外寸で6.9リットルですので内寸は6リットルほどでしょうか?

私のイーディオGLB-01の半分です。

こんなサイズで低音が出るのかしら?といぶかりましたが音を出してみてその心配は杞憂に終わりました。

しかし、ピアノ塗装は美しいです。高級家具です。

誰でも欲しくなるでしょう。

06271712000

06271713000

こっそりと横に宇宙船を置いて比較。12万円と5千円の差が歴然。

06271715000

ウッドコーンは美しいだけではありません。

06271716000

ピアノ塗装は指紋が目立つとダメですね。こまめに拭きます。

06271717000

これが倍のサイズなら倍の値段を出してでも欲しい。

06271718000

見た目が小さいとどうしても頼りなく見えるんです。

さて、肝心の音です。どうでしょうか?!早速試聴です。

偶然にも、これまたレンタル中の高級ラダー型RCAケーブル、ステレオケーブルが手元にありますので普段の数倍の値段のシステムになります。

鳴らしてみました。

先ず印象的な高音について書きます。

おおっ、めちゃくちゃ伸びやかです。どこまでも気持ちよく音が出てきます。

キンキン耳障りに鳴らずにこんなに高音を楽しめれば文句なしです。

低音~中音について私はさほどこだわりませんので問題ありません。

特に気になるところはありません。ジャズファンやロックファンも満足出来ると思います。

余韻感はありません。

スピーカーケーブルで運ばれてきた音をすぐ発音している感じです。

こういうのを解像度抜群と表現するのかどうかわかりませんが、おそらく録音されている音はすべて表現されているのではないか?!と思います。

バックロードホーンに慣れていると少し頼りないというか物足りないところがあります。

これは好んで聴く音楽や環境にもよると思います。

「本モデルは分解能が高く、通常のスピーカーに比べ、スピーカーの設置間
隔、試聴距離で印象が変わることがありますので、視聴時お好みに合わせて調整をしていただけると幸いです。」と但し書きがありました。

私は机の上に設置します。どうしても設置位置はいつも同じです。

スピーカーのために私の環境自体を変えることは本末転倒ですのでこのスピーカーをどう置いたときが一番パフォーマンスを発揮するか試すことはありません。

スピーカーに設置間隔や試聴距離を指図されては主従逆転ですからね。

左右のスピーカーと私が正三角形を描くように設置しています。

今のところ、「自分の2万円のバックロードホーンの方が断然いいな。」というのが正直な感想ですが、あと一週間、この12万円の音を楽しんでみます。

また気づいたことがありましたらご報告いたします。

※追記

3時間ほど聴き込みました。

これだけ高音が美しいのに全然聴き疲れしませんね。さすがです。

音に曇ったところが全然無いんです。

すっきりしています。バイオリンの好きな方にはものすごく合うと思います。

アコースティックギター、チェロ、二胡など弦楽器のゾリゾリした鳥肌が立つような心地よさも最高です。

もっと大きな部屋で使いたいと思います。

試聴用に貸し出すぐらいですからエージングは完璧に終わっているのでしょう。

本当に嫌味な音がありません。

ユニットやエンクロージャーの大きさは小粒ですがそこにまたPARC Audioさんのこだわりを感じます。

多くの方が絶賛するのがわかりました。

ただ、私はこのスピーカーを購入しないことにします。

ユニットだけ購入して自作で私好みのスピーカーシステムを作りたいなと考えました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/427337/20388903

Parc Audio DCS-W3試聴を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

記事関連アイテム