« ライカル線でRCAケーブルを自作 iPod dockコネクタ編 | メイン | 今夜はオールディーズ »

2009年6月21日 (日)

TU-870R 使用感 50日目

TU-870Rを自作完成し使用し始めてからおよそ50日が経過しました。

現在の感想を書かせていただきます。

Tu8701661000

まだノーマルのままです。

グレードアップオプションは装備しています。

電源ケーブルとスピーカー端子、RCA端子を交換するつもりです。

Tu8701662000

真空管の初期不良により最初は雑音が混じっておりましたが

真空管を無償交換していただいてからは絶好調です。

夏場でもあり、電源を入れて2~3分で音が出てきます。

最初、不要かと考えていた入力のセレクトレバーはとても便利です。

しかし、本当に惚れ惚れする良い音です。

出力こそ2Wと小出力ですが、ニアフィールドでオーディオを楽しんでいる私には必要十分です。

まだまだボリュームが余っています。普段は10時~11時くらいで使っています。

出力が少ないからといってアンプの価値は決まりません。

アンプの命は生み出す音でしょう。

最近、「ああ、真空管って本当にいいなあ・・・」と思えてきました。

優しい、力強い、艶のある音だと思います。

人間が生み出すメロディを人間が聴きやすい音で奏でてくれる楽器のようです。

特にクラッシクにはぴったりなのではないでしょうか?

確かにデジタルアンプとは違う音色があります。

Tu8701663000

Tu8701664000

私はCDプレーヤーの代わりにロスレスリッピングしたiPodを使用していますがデジタル機器はこれだけです。

iPodに内蔵されているDACは非常に優秀で、そのHDD構造と合わせてCDプレーヤーでは絶対無理とされる高音質再生を実現しています。

100万円以上もするCDプレーヤーでさえ今のところiPodにはかないません。

TU-870Rはそんな事情もわれ知らぬ顔で優雅に私の好みの音楽を奏でています。

Tu8701665000

この安価で小さいアンプが大好きです。

TU-870Rを楽天でも購入できました。送料無料ですしポイントがつきますので実質最安値ですね。

私は真空管アンプはこのTU-870Rしか知りません。

大出力アンプは不要ですので、小出力で音の良いとされる真空管アンプと聞き比べてみたいと思っています。

皆さんおすすめの真空管アンプ(もちろん自作大歓迎です)がございましたら、

コメント、あるいはメールでぜひご紹介ください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/427337/20267249

TU-870R 使用感 50日目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

記事関連アイテム