その他情報 Feed

2009年7月26日 (日)

夏はヘッドフォン、という選択

マイミクのマーベルさんがヘッドフォンを購入したというお話しを聞きました。

そういえば最近、私の自宅もご近所も窓を開けていることが多いです。

夜の12時頃までボリュームを気にせず音楽を楽しんでいた私も近所迷惑を気にするようになってきました。

そこでヘッドフォンの登場というわけです。

ヘッドフォンというのは、一部のマニアの間ではスピーカーをしのぐ高音質が実現できると言うことで、わざわざスピーカーではなくヘッドフォンを好んで使用している方もいらっしゃいます。

私の真空管アンプ、TU-870にはヘッドフォン端子がないのですが、

音楽ソースであるiPodに直接ヘッドフォンを接続して音楽を楽しむことが出来ます。

私もヘッドフォンを買おうかなあ~と考えていると、自宅にも1台合ったのを思い出しました。

確か父親からのお下がりです。

06291745000

06291746000

オーディオテクニカのテレビ用ヘッドフォンのようです。

  ■価格 \3,500
■型式 密閉ダイナミック型
■振動板 40㎜ 16ミクロン厚
■インピーダンス 40Ω
■再生周波数帯域 20-20,000Hz
■許容入力 1,000mW
■感度 95dB/mW
■コード 3.5mOFC ステレオミニプラグ/6.3mmアダプター付属
■重量 170g(コード含まず)
■発売 1994年9月
■販売終了 1999年頃

早速iPodにつないで試聴してみましたが・・・・ダメだこりゃ・・・。

所詮イヤホンの大きくなった程度の代物です。

全然ダメ。音楽を楽しむことは出来ません。

かといって私は高価なヘッドフォンを買う余裕はありません。

しばらくはアンプのボリュームを絞って、窓を閉め切ってスピーカーが奏でる音色を聴くこととします。

 

2009年6月21日 (日)

今夜はオールディーズ

私、明日が誕生日なんです。

毎年誕生日には決まってお気に入りのアメリカンスタイルのステーキ屋さんに行くことにしています。

神戸市北区のビッグシェフというお店です。

シェフがナイフやフォークや調味料を使ってダイナミックなパフォーマンスを見せながら料理してくれるとても楽しいお店です。

もちろんお味も抜群です。

もう10年近く通っています。

このレストランのオーナーがオールディーズ好きで、店内ではいつもBGMにオールディーズがかかっています。

古き良き時代のアメリカン。身体が自然とスイングしてしまうリズムです。

そして、このレストランでは毎月一回、プロのオールディーズヴォーカリストを呼んでのライブをやっています。

たまたま今日がそのライブデーでした。(誕生日は明日ですが、日曜日なので食事は今日にしたのです。)

ヴォーカルは私もよくいくお店バーニング・ラブのトミーさんです。

(画像はホームページから。)

Dscf1807

4~5曲の短いステージでしたが最高でした。

スタッカートのよく効いたハリのある伸びやかな声、

本当に上手です。

ずっとオールディーズバー・ケントスでやっていた人ですので当然といえば当然。

神戸ではナンバーワンだと思います。

ライブって本当に楽しいですね。

オーディオとは全然違う生の音楽。

音楽は聴くものではなく身体全体で楽しむものだって思います。

踊っている人もいました。

トミーさんのお店は三宮にあります。

最近行っていなかったので次の週末あたり行ってみようかな?

ちなみに私がリクエストしてトミーさんが歌ってくれたのは「マイボーイ」です。

2009年5月22日 (金)

ヤフオク出品

機材入れ替えのためヤフオクにいくつか出品しました。

どれも手放したくないものばかりですが経済上の都合で仕方がありません。

一生懸命、心を込めて作ったDAC

Jisaku1414000

完成したときには本当にいい音で驚いた。

1万円ちょっとで友人宅のウン十万円の音質を越えていると思った。

既製品と自作品のコストパフォーマンスの差を痛感しました。

自作なら数十円から数百円で手に入るコンデンサやICチップなどのパーツが、

メーカーブランドの箱にはいるだけで数万円から数十万円の値段が付いてしまうオーディオ業界の恐ろしさ。

それと、このDACでは電源供給をPCからのパスパワーからセルフパワーへ変更したのですが、

この目に見えない電源ノイズというものがこれほどオーディオの質に影響すると言うことがはっきりと理解できました。

先日のパスパワーのDACをご購入いただいた方には申し訳ないが、こちらのセルフパワーのDACの音を聴けばすぐに買い換えたくなるでしょう。

電源部品の分だけ購入価格は6千円ほど高くなったけど音質は数万円以上の違いが感じられた・・・そんなDACに仕上がりました。

このUSBDACとフリーソフトfoobar2000+ASIO4ALLの組み合わせは、おそらく現在のPCオーディオ環境では最強の部類にはいるでしょう。

SONYの高級AVアンプ TA-E2000ESDとパワーアンプTA-N330ESのセット高級AVアンプ TA-E2000ESDとパワーアンプTA-N330ESのセット

Jisaku1492000

バブル期絶頂の頃にSONYが作った高級アンプ

さすがにいい音!!

その重さにはびっくりしたが木目の美しさにうっとりした。

現在の経済状態ではこんな豪華なアンプは作れないでしょう。

2機種セットなのも嬉しかった。

でも真空管アンプにはまってしまったのでこの2機種とはお別れです。

自慢のオーディオラックTAOCの上に鎮座するこの2台はいつも堂々としていました。

堂々とした音、威厳のある音、それでいて音楽ソースを忠実に再現する能力。

繊細さも兼ね備えた我が家の王様でした。

DENON デノン CDプレーヤー DCD-735 マリンコ改

Jisaku1495000

CDは人間の可聴帯域だけを再現するのでアナログプレーヤーにかなわないという学説があります。

DENONはこのへんを意識してラムダというDACでこのCD録音時に削除された音域を補正しようと考えました。

人間が自然に聞こえる波長を再現しようとしています。

このCDプレーヤーはそういった技術を投入したものです。

価格(約4万円)のわりに音がよいということで発売当初から人気のあったモデルです。

現在も品番を変えながら熟成が進められDENONの中心モデルとして後継機が活躍中です。

私は電源ケーブルやコンデンサに数百円投資すれば何万円もの価値のある良い音質が得られることを知っていますので、

まずは電源ケーブルを太いものに交換。

プラグもマリンコのホスピタルグレードのものを奢りました。

コンデンサも交換したかったのですが基板が複雑で断念しました。

手先の器用な友人がコンデンサを数百円分交換しただけで20万円クラスの音に変わったのを目の当たりにしてとても悔しく思ったものです。

どれも絶好調のものばかりですから落札者様のところで活躍することでしょう。

どうか大切に扱っていただけることを祈っています。

2009年5月 5日 (火)

奇跡のシンフォニー 神戸ジャズ ソネ

昨晩、神戸三宮で気の置けない友人達と飲み会がありました。

二次会にはいつもカフェバーなどに行くのですが、

私の希望でジャズの生演奏を聴ける店に行きました。

オーディオに凝り出してからCDの音ばかり聞いていました。

ふと、そういえば神戸(私は神戸在住です)にすんでいるのにジャズライブに行かないなんてもったいないな!?と思い、ジャズに強い友人に頼んで連れて行ってもらうことにしたのです。

北野坂のSONE ソネというジャズレストランバーです。

Jisaku1274000

ジャズの好きな方の間では有名だそうです。

何でも日本中からわざわざくるとのこと。

私はウン十年も神戸に住んでいながら初めての体験です。

感想はというと、正直なところジャズのことはよくわからないのですが、とにかく楽しくて仕方がありませんでした。

オーディオ趣味では音質がいいとか広がりがどうだとかいろいろ批評の仕方がありますが、生演奏を聴くとそういったことが馬鹿馬鹿しくなります。

五感・体中で音楽を楽しめました。

演奏者の表情や息づかい、時には失敗なども音楽のようその一つですね。

ホームシアターで5.1chに懲りましたのでオーディオでもステレオ感(左右のスピーカーから違う音)を感じることが大切のように考えていましたが、実際のライブやクラッシクコンサートではそんなはっきりしたステレオ感はありません。

今後のオーディオの楽しみ方に影響が出そうです。

生演奏ですが、マイクとアンプとスピーカーも使っていました。

スピーカーはBOSEメインでしたがアキュフーズが一つ置いてありました。

ものすごくいい音を出していました。

それと、今日はホームシアターでとても良い映画に巡り会いました。

「奇跡のシンフォニー」という映画です。

前編美しい映像と音楽に包まれています。

ストーリーは大感動なのですがここでは触れずにおきますね。

音、音楽の美しさ、すばらしさを満喫しました。

音楽の好きな方には是非見ていただきたい映画です。

とても幸せな気持ちになります。

音楽を聴いて意味もなく涙が出るのは久しぶりです。

2009年4月23日 (木)

ブログ開設にあたり~ごあいさつ~

皆さんこんにちは

サラリーマンオーディオマニアのしんろこです。

何かと趣味の多い私ですが、およそ10年ぶりにオーディオ熱が再発しました。

そのうち飽きるかもしれませんが今のお小遣いと知識でやれるだけやってみたいと思います。

目指すは「ハイエンド!!」ですが、実はエンドのない青天井の世界です。

お金をかければきりがありません。

フラシーボ効果なんて言う自己催眠状態になっても面白くありません。

サラリーマンが趣味の範囲で音質向上を図っていくという親しみやすいブログにしていくつもりです。

主にmixiなどのネット情報を仕入れていますが、あまり電子工学に強くない人でもとっかかり安い内容にしていきたいと思います。

もちろん、少しの知識で音質が大きく変わる世界ですから知識欲は旺盛に行きたいと思います。

何よりもお金をかけずにやっていきたいと思います。

サラリーマンですから趣味に使える金額には上限というものがあります。

趣味=道楽ですが家族の理解を得られる範囲でやっていきましょう。

今日現在の私の環境です。

オーディオ

CDプレーヤーとコントロールアンプ、パワーアンプ、スピーカーといった構成です。

CDプレーヤーは10年前に買ったDENONのDCD-735改

Dsc_00071170000

「改」というほどの改造はしていません。

電源コードを太いものに変え、コンセントをマリンコという医療用の3Pに変えただけです。

ちなみにこの改造による音質改善効果は実感できません。

Dsc_00011173000

コントロールアンプは知人から頂いたSONYのTA-E2000ESD

Dsc_00051168000

パワーアンプは同じく頂き物でSONYのTA-N330ESというものです。

Dsc_00051168000_2

どちらも相当古いものです。

スピーカーはイーディオというオーディオショップオリジナルのGBL-01 Global-01というものです。(SEAS P14RCY +力元 D2801XL)

Dsc_00091172000

このスピーカーはとても良い音でなってくれるので気に入っています。

ちなみにネットワークだけでも2万円ぐらいの部品を使っています。

他にホームシアターの趣味もあるのでヤマハのホームシアター用のスピーカーやAVアンプを使っていますが、その話はまたの機会にさせていただきます。

当面、このブログで取り組んでいくのは上記のスピーカーから出る音をよくしていくことです。

今取り組もうとしていることをあげてみます。

Dsc_00031166000

1.PCオーディオ

CDプレーヤーを改造することも考えていますが、費用対効果がもっとも低いと思われるのがこのCDプレーヤーです。

「ハイエンド機種を買う」という選択肢は私にはありませんから改造か自作、そして「CDというメディアを捨ててPCに取り込んだ(リッピングした)デジタルソースを劣化させずに直接出力する」ということです。

PCオーディオで検索すればたくさん出てきます。

PCオーディオにはデメリットも多いのですが、今の私にはコストパフォーマンスの大きい取り組みだと思っています。

2.真空管アンプ

アンプも上を見たらきりがありませんが、一度、真空管アンプというものを体験したいと思っています。

これもネット上に情報があふれかえっていますね。

本日、以下の2点を注文しています。

真空管アンプ TU-870RP

USBオーディオPCM2704

パソコンにリッピングしたWAVファイルをUSBDACでアナログ変換し、

真空管アンプにつなぐ。

信頼しているスピーカーコード(ベルデン)を経てお気に入りのスピーカーで鳴らす。

とても楽しみです。

真空管アンプとUSBオーディオはどちらも自作キットなので

自分で半田ごてを使って作ります。

ちなみにスピーカーもキットでした。

ネットワークも自作です。

なぜ自作するかはご存知かもしれませんが超超超お得だからです。

例えば5万円のアンプに使われているコンデンサ(原価10円)を千円のものに変更して付け替えるだけで20万円のアンプを越える音になったりします。

メーカー製の音響機器のほとんどがこの調子で安い部品を多用して作っています。

このメーカー製の音響機器の蓋を開けていくつかの主要部品を少しレベルアップしてやるだけでものすごく音が変わるのです。

自作にかけた1万円の部品代は10万円にも100万円にも値するのがこの世界の常識だそうです。

だからオーディオオタクは皆さん半田ごてが上手なのです。

この改良もル程度の知識がなければ出来ませんし、電気を扱うので事故にも注意しなければなりません。

安全のためにも電気の勉強は欠かせないようです。

ですので、私はオーディオの勉強と平行して電気の勉強も始めました。

来夏の第2種電気工事士の資格を取得するつもりです。

これは、将来、必ず行き着くであろう電源周りの工事のためにもこの資格が必要なのです。(壁コンセントを交換するには例え自分の家でも資格が必要です。)

というわけで非常に盛りだくさんの内容ですが素人なりに一生懸命努力して良い音作り、良いブログ作りをやって参ります。

応援のほど、よろしくお願いいたします。

おすすめのCD

アメトラ

41pf5y2tqyl__sl500_aa240_

11曲目の「 アントニオの唄」のストリングスには鳥肌が立つほどゾクゾクします。必聴です。

最近のトラックバック

記事関連アイテム