スピーカー Feed

2009年7月15日 (水)

長岡鉄男氏BS-10製作記 その1

長岡鉄男氏設計のBS-10を作成することにしました。

このBS-10というスピーカーはFE-103Eをはじめとする10㎝フルレンジユニットが使える、週刊誌サイズのバスレフ型エンクロージャーです。

実効内容積は約4リットルと小型です。

FE-103Eはバックロードホーンに適したユニットとされていますが、バスレフにも使われるようです。

私がネットで見て回ったところでは、パイプ型のバスレフポートを使った使用法ではなく、このBS-10のような大きな口を開けたようなバスレフが多いように感じます。

FE-103Eについては私の愛用スピーカーD-10バッキーに使用中です。

非常に高音質のユニットだと感じています。

今回はエンクロージャーによる音の違いを楽しむと共に、

ホームシアターのサラウンドバックスピーカー(7.1CHの6,7本目ですね)として活用する狙いがあります。

また、D-10バッキーからFE103EをはずしてBS-10に移植し、D-10バッキーには新たなユニットを導入することを計画しています。

今回から数回に分けて製作記をご報告させていただきます。

ただし、塗料の乾き具合などにより不定期となります。ご了承ください。

さて、ヤフオクでエンクロージャーキットを落札購入いたしました。

本日届きましたので検品です。

06291737000

これで左右2個分ですから小さいものです。

06291738000

ホームシアター用途ですが、私は42型液晶テレビを使用せず、120インチのスクリーンですので防磁タイプのFE107Eではなくマグネットの強力なFE103Eを使用します。

06291739000

非常に丁寧に梱包された部材とこれまた非常に詳しい作成マニュアルが付属しています。

ユニット、配線類、ターミナル端子、吸音材、ネジは付属しません。

ユニットは前述のようにD-10バッキーからの流用。スピーカーケーブルはユニットから直出し。吸音材、木工ボンド、ネジはホームセンターで調達します。

吸音材の材質をいろいろ取り替えてみたり、量を増減して音色の変化を確認したいので背面だけネジどめにする予定です。

06291740000

こんな風に番号を振ってくれています。部品数は少なく、簡単そうです。

06291741000

CD-Rと大きさを比較してみて下さい。

ちなみに完成時の寸法はW174mm×H251mm×D174mmとコンパクトです。

このサイズでどんな音が出るのでしょうか?楽しみです。

06291742000

D-10バッキーよりもいろの濃いMDFボードです。

今回は組み立て前に塗装する計画です。

無塗装よりも塗装した方が木が堅くなって音が良くなると効いたことがあります。

外から見えないエンクロージャーの内側も塗装しようと考えています。

2009年6月28日 (日)

Parc Audio DCS-W3試聴

Parc Audio ブランドでおなじみの株式会社ドリームクリエーションさんから

10cmスピーカーシステムのDCS-W3をお借りしました。

06271711000

梱包を解いてスピーカーを取り出したときの最初の印象は「小さいな」でした。

06271714000

ここまで小さいとは思いませんでした。

外寸で6.9リットルですので内寸は6リットルほどでしょうか?

私のイーディオGLB-01の半分です。

こんなサイズで低音が出るのかしら?といぶかりましたが音を出してみてその心配は杞憂に終わりました。

しかし、ピアノ塗装は美しいです。高級家具です。

誰でも欲しくなるでしょう。

06271712000

06271713000

こっそりと横に宇宙船を置いて比較。12万円と5千円の差が歴然。

06271715000

ウッドコーンは美しいだけではありません。

06271716000

ピアノ塗装は指紋が目立つとダメですね。こまめに拭きます。

06271717000

これが倍のサイズなら倍の値段を出してでも欲しい。

06271718000

見た目が小さいとどうしても頼りなく見えるんです。

さて、肝心の音です。どうでしょうか?!早速試聴です。

偶然にも、これまたレンタル中の高級ラダー型RCAケーブル、ステレオケーブルが手元にありますので普段の数倍の値段のシステムになります。

鳴らしてみました。

先ず印象的な高音について書きます。

おおっ、めちゃくちゃ伸びやかです。どこまでも気持ちよく音が出てきます。

キンキン耳障りに鳴らずにこんなに高音を楽しめれば文句なしです。

低音~中音について私はさほどこだわりませんので問題ありません。

特に気になるところはありません。ジャズファンやロックファンも満足出来ると思います。

余韻感はありません。

スピーカーケーブルで運ばれてきた音をすぐ発音している感じです。

こういうのを解像度抜群と表現するのかどうかわかりませんが、おそらく録音されている音はすべて表現されているのではないか?!と思います。

バックロードホーンに慣れていると少し頼りないというか物足りないところがあります。

これは好んで聴く音楽や環境にもよると思います。

「本モデルは分解能が高く、通常のスピーカーに比べ、スピーカーの設置間
隔、試聴距離で印象が変わることがありますので、視聴時お好みに合わせて調整をしていただけると幸いです。」と但し書きがありました。

私は机の上に設置します。どうしても設置位置はいつも同じです。

スピーカーのために私の環境自体を変えることは本末転倒ですのでこのスピーカーをどう置いたときが一番パフォーマンスを発揮するか試すことはありません。

スピーカーに設置間隔や試聴距離を指図されては主従逆転ですからね。

左右のスピーカーと私が正三角形を描くように設置しています。

今のところ、「自分の2万円のバックロードホーンの方が断然いいな。」というのが正直な感想ですが、あと一週間、この12万円の音を楽しんでみます。

また気づいたことがありましたらご報告いたします。

※追記

3時間ほど聴き込みました。

これだけ高音が美しいのに全然聴き疲れしませんね。さすがです。

音に曇ったところが全然無いんです。

すっきりしています。バイオリンの好きな方にはものすごく合うと思います。

アコースティックギター、チェロ、二胡など弦楽器のゾリゾリした鳥肌が立つような心地よさも最高です。

もっと大きな部屋で使いたいと思います。

試聴用に貸し出すぐらいですからエージングは完璧に終わっているのでしょう。

本当に嫌味な音がありません。

ユニットやエンクロージャーの大きさは小粒ですがそこにまたPARC Audioさんのこだわりを感じます。

多くの方が絶賛するのがわかりました。

ただ、私はこのスピーカーを購入しないことにします。

ユニットだけ購入して自作で私好みのスピーカーシステムを作りたいなと考えました。

2009年6月13日 (土)

スピーカーの塗装 MDFの塗装 練習編その3

今のところこんな感じです。

06091632000

06091633000

06091634000

06091635000

ニスが垂れて溜まったところや、ムラが多いですね。

これまで使っていたイーディオのグローバルゼロワンの塗装はすべすべのツルツルです。

塗装を始める前の段階から全然違っていたのかもしれません。

表面はざらざらですので、サンドペーパーで削るというよりも研ぐというイメージで下地を作るのかもしれません。

もう一回、端切れを買ってきて練習いたします。

仕上がりは全然ダメですが、塗装するだけでこんなに高級感が出ます。

06091638000

06091639000

06091640000

06091641000

06091642000

iPodの下に仮置きしていますが、

木材でiPod専用のスタンドを作ろうかと思います。

木材+ブチルゴム+鉛シートでしっかり防振します。

2009年6月 9日 (火)

スピーカーの塗装 MDFの塗装 練習編その2

昨日の続きでMDFの塗装二日目です。

丸一日で良く乾いています。

06091618000

こんな感じで筋が入ったようになっています。

表面にはデコボコがあります。

手で触った感じはしっとり感があります。

ニスが手に付くというわけではありませんがニスの粘度でベトベトしているようです。

240番のサンドペーパーでこすります。

06091619000

06091620000

06091621000

これもどの程度までやればよいのかわかりません。

とにかくすべすべになるまでやりました。

06091622000

乾いた雑巾できれいに拭いてから

2回目の塗装をします。

06091623000

06091624000

一番最初の写真と比べてムラが少なく見えます。

今日の作業でわかったことを書きます。

1.やはり塗料が少し濃いと感じます。

薄め液で薄めて粘度を下げた方が塗りやすいと思います。

2.刷毛の毛が抜けて塗装面に残ります。

これも塗料の粘度が影響するのでしょう。

100円の刷毛だから毛が抜けやすいのかもしれません。

3.サンディングが不足しているようです。

二度目の塗装後に表面を見るとかなり凸凹感があります。

特に刷毛のスジが目立ちます。

塗料の粘度が薄ければこのスジが出にくいのかもしれません。

もっと徹底的に表面をツルツルにする作業を繰り返すのではないかと思います。

自宅の家具類を見ると表面はツルツルです。

5番目の写真にように端っこが削れすぎるようです。

平面に削っているのですが何故か端っこがよく落ちてしまいます。

乾いたらまた全体をサンディングしますが、240番では目が荒すぎだと思います。

300番を買っていますが、表面を鏡面に仕上げるのならもっともっと目の細かい紙ヤスリが必要ですね。

最終工程を刷毛塗りで終わると、必ず刷毛のスジが残るはずですので、

最終工程はサンディングということになるのでしょうか?

それともラッカーなどで表面をコーティングするのでしょうか?

試行錯誤を続けます。

皆様のアドバイスをいただければ幸いです。

2009年6月 8日 (月)

スピーカーの塗装 MDFの塗装 練習編その1

MDFのスピーカを塗装します。

いきなり本番では怖いのでMDFの小片(70円)を買ってきて練習します。

MDFを塗装するためには次の行程が必要なようです。

1 下地処理

MDFは圧縮材ですので塗料とものすごく吸い込むそうです。

ですので塗料を塗る前に「サンディングシーラー」というシーラーで膜を作る必要があります。

サンディングというぐらいで、一旦塗ったとサンドペーパー(紙ヤスリ)で表面のデコボコを削ってから塗料を塗るのだそうです。

2 塗装

下地処理のあとは塗料を塗ります。

今回は油性ニス(ウレタンニス)のマホガニーを選びました。

Jisaku1604000

ホームセンターで一番小さい瓶を買いました。

スプレーという選択もありますが、今回は刷毛塗りです。

サンドペーパーは240番と300番を用意しています。

Jisaku1605000

最後に何か仕上げ剤を塗るかもしれません。

塗料は2~3度塗りを予定しています。

これは塗りながら色の変化を見て決めようと思います。

では作業に入ります。

1.MDFを用意しました。

Jisaku1603000

これに下地用のサンディングシーラーを塗ります。

Jisaku1606000

適当な容器に適量を取ります。

今回利用したのはモズク酢の空容器です。

ヨーグルトでもプリンでも何でもいいです。使い捨てで十分です。

Jisaku1607000

薄く上半分に塗ってみました。0.5mmほどしみこむようです。

Jisaku1608000

ワリと簡単です。ちなみに私はペンキ塗りは初めてです。

コツも何もわかりません。タダひたすら丁寧に塗るだけです。

薄く塗るルのがコツ、と何かに書かれていましたのでムラが無くなる程度でやめておきます。

Jisaku1609000

これくらいしみこみます。なお、このMDFは9mm厚です。

Jisaku1610000

このあと、コグチと呼ばれる切断面も塗り、裏面も塗りました。

Jisaku1611000

Jisaku1612000 

窓際で乾燥させてこのあとお昼ご飯へ。

帰宅後、乾燥を確認したらサンドペーパーがけです。

Jisaku1613000

Jisaku1614000

あまりきれいに紙ヤスリがけ出来ません。

どの程度削ったらいいのかわからないので適当です。

240番のサンドペーパーですので、元々の素材よりはざらざらしますね。

こんなのでいいのでしょうか?

Jisaku1615000

一回塗ったところです。

既に結構、濃い色です。

本当は10%ほど薄め液を混ぜた方が良いという話もあります。

この練習で失敗だと思ったら本番ではそうします。

Jisaku1616000

ついでに真空管アンプの台も塗装しています。

どちらも刷毛で塗っていますが、

刷毛のあとが木目のようで高級感が出ています。

今日はここまでです。

しかし、刷毛がカチカチになっています。

薄め液で洗うものなのでしょうけど、薄め液を買うより刷毛を買った方が断然安いです。

100円以下ですから。

しかし、本番で一番問題となるのはやはりこの部分でしょうね。

Jisaku1617000

このスピーカーの一番のチャームポイントです。

MDFは平面にして塗れ!!とネットでは書かれていますが、

この見事な曲面はどうすればよいのでしょう?

2009年6月 4日 (木)

D-10 バッキー FOSTEX FE-103

皆さんこんばんは

「あ~自作したかったのにな~~!!」ということの最たるモノがこれ(スピーカーの自作)です。

Jisaku1581000

Jisaku1582000

Jisaku1583000

Jisaku1575000

長岡式バックロードホーンスピーカー D-10 バッキータイプです。

ギリギリまで自作するつもりでした。

ホームセンターに何度も足を運びました。

必要な工具やホームセンターで出来ることなども確認しておりました。

しかし、ヤフオクでこの作品を見てあまりの完璧さに驚きました。

自分のイメージしているものとこの作品とのギャップにびっくりしました。

「こんなにきれいなものが作れるのか~!!」

「あ~~、不器用な僕にはむりだ~!!」

「どうせがらくたしか作れない~」とあきらめ購入してしまいました。

届いた商品がこれです。

Jisaku1556000

Jisaku1557000

Jisaku1558000

Jisaku1559000

Jisaku1560000

Jisaku1561000

Jisaku1562000

Jisaku1563000

特にすごいのがこれです。

Jisaku1564000

素人にこんなことが出来ますか!?

Jisaku1565000

Jisaku1566000

Jisaku1567000

もう、あまりの丁寧きれいな造りにびっくりしました。

きれいにサンディングされているので、板と板のつなぎ目は触ってもわかりません。

音を出す前から感動しました。

これを作って下さった作者様に心からお礼を申し上げます。

ユニットは指定のFOSTEX(フォステクス) 10cmフルレンジ FE103Eを購入しました。

早速取り付けます。

エンクロージャーの作者様の構成により半田付け不要でしっかりと取り付けられます。

Jisaku1550000

Jisaku1551000

Jisaku1552000

Jisaku1553000

Jisaku1554000

Jisaku1555000

Jisaku1568000

ぐさっと刺すだけ。がっちり。

Jisaku1569000

Jisaku1570000

4本の取付ネジは制作者様のアドバイスどおり対角線上に少しずつ締めていきます。

Jisaku1571000

右はイーディオのグローバルゼロワン。

ペアで10万円弱のバスレフブックシェルフですが、

ハイエンドの方から「40万円の値打ち」といわせた名器です。

Jisaku1572000

Jisaku1573000

Jisaku1574000

Jisaku1575000_2

では聴いてみましょう。

リファレンスにはiPodからザ・ケルン・コンサート / キース・ジャレット を使います。

これはタイムドメイン社の由井社長から直接アドバイスいただいたもので、

一曲目5秒目からの観衆の談笑が聞こえるかどうかで情報量を計ることが出来ます。

男女の談笑が右側から聞こえてくればOKです。

これまで使ってきたグローバルゼロワンではかろうじてかすかに聞こえる程度です。

ではD-10では?!

ワクワク、そして緊張しながらアンプのボリュームを上げます。

「おおっ!!」

なんとゼロワンよりもかなり鮮明に聞こえます。

2万円弱のエンクロージャーに7千円のユニットがあっさり10万円のスピーカーに情報量で勝ってしまいました。

このあと、いろんなジャンルの音楽を聴いてみましたが、本当に良く鳴ってくれるスピーカーです。

ユニットのエージングが全然ですので耳に触る音が残っていますがそういうユニットに関することを除いてこの箱自体の性能を考えると本当に楽器のように見えてきます。

バスレフト違ってホーン、吹奏楽系の音が実にきれいです。

それでいて女声や弦楽器の音はどこまでも伸びやかです。

スピーカーから音が出ていると言うよりも楽器が演奏しているようなイメージ。

ユニットが演奏してバックロードホーンから音があふれでてくるような。

賑やかな曲では音楽が踊り出してくるようなスピーカーです。

制作者様が丁寧に丁寧に造った1メートル20センチの音道を素直に通ってきた音楽達。

安っぽい音はエージングと共にドンドン良くなっていきますから、使い始めでこの音というのはかなりのポテンシャルです。

音楽を聴いているときに箱を触っても全然手に響きません。

本当に良くできた箱です。よほどしっかりと組み付けられているのでしょう。

MDF素地ですので見た目は安っぽいですが、造りは一級品だと感じました。

これから塗装していきますが、塗装でもさらに音が良くなるという噂ですので

これまた楽しみです。

制作者様にスワンや大型バッキーなどをリクエストしたいところですが、

今は個別の注文を受け付けていらっしゃらないとのこと。残念です。

この作者様の今回の作品、「Fostex 10cm向け 小型 エキスポネンシャルBH 1ペア」は本当におすすめです。

自作しても材料費だけで結構な額になります。普通の素人がどんなに一生懸命造ってもここまでの作品は無理でしょう。

友人のお話ではFOSTEX FE103は3ヶ月から半年ほどエージングに時間がかかり、

その間、良い方向へ激変するとのこと。

私の友人から頂いたFE103に対するアドバイスでは

FE103が新品でしたらエージングで大きく音が変わるそうです。
最初はかなりカサカサした「紙の音」が耳障りですが、次第に繊細感が増してくる、
このカサカサ感はFE103の個性であって、完全には無くなりませんがかなり改善するとのこと。
おおよそ3カ月から半年はかかるそうですし、それから湿気にも敏感ですから、季節で音も変わるそうです。
概して乾燥した冬のほうが友人は好きだそうです。

たぶんこのカサカサ音が音楽性を阻害しているのではないかと教えてくれました。

ただ、もともとが軽量コーンなのでおっしゃられるように情報量は多いはずとも。

さすがに40年も50年も販売され続けているベストセラーユニット。秘めたる力は相当なモノのようです。

そしてこのエンクロジャーはその性能を十分以上に引き出してくれそうです。

FE103の変化と限界を十分楽しんだあとでユニットをより高級なものに変えていきたいと思っています。

候補はこれです。ただし、以下のユニットは直径が大きいのでエンクロジャーの簡単な加工が必要です。(穴をヤスリで少し広げるだけですので簡単でしょう。)

FOSTEX(フォステクス) 10cmフルレンジ FE108EΣ

値段は倍以上になりますが、

限定販売以外で変える10センチフルレンジでは最高峰ではないでしょうか?!

ちなみに私の友人のユニットはこれです。

FOSTEX 10cmフルレンジユニット MG100HR-S 限定品 ペア

めちゃくちゃかっこいいです。

でも、た、高い・・・・。

FOSTEX以外ではこれが有名ですね。

PIONEER 限定生産 10cmフルレンジスピーカー FP-101A ペア

いろいろ目移りしますが当分は今のユニットの実力を引き出すことに専念します。

【追記】

mixiのアドバイスによりユニットの位置を顔より上に上げました。

机>ペットシート>木製スピーカースタンド>ペットシート>大理石>インシュレーターゴム>スピーカー

高音のキツさやガサガサ感がなくなりました。

Jisaku1579000

Jisaku1580000

バックロードから出る音色がふんわり私を包んで行く感じ。

今、チェン・ミンのMOONを聴いています。

悲しいまでに美しい二胡の音色をこのスピーカーが朗々と奏でています。

素敵なスピーカーに出会えたことをとても幸運に思います。

最近のトラックバック

記事関連アイテム