スピーカーケーブル Feed

2009年6月25日 (木)

マルチョウエンジニアリング ラダー型ケーブル

マルチョウエンジニアリングさんのラダー型ケーブルというのをご存知でしょうか?

こちらです。

ケーブルの構造・シールド方法について特許を取られ非常にノイズの少ないケーブルを再作販売されています。

友人から教えていただいたものです。

友人が自作したところ非常に効果があったとのことで興味を持ちました。

サイトを見ていると試聴用の貸し出しをしてくれるとのことでしたので迷わず申し込みました。

スピーカーケーブルとiPod用ケーブルを申し込みました。

迅速なご対応で翌日には届いておりました。

06251666000

こちらがスピーカーケーブル。方向性があります。

肝心の接続部分は皮膜で見えませんが電灯にすかしてみるとラダー状態であることが見えます。

06251667000

06251668000

かなり太めの芯線(単線)です。電源ケーブルレベルです。

06251669000

06251670000

ちょっと写真ではよく見えませんでしょうか?ラダー(はしご)形状になっています。

06251671000

端処理はこんな感じです。借り物なので切断できません。

06251672000

iPod用のRCAケーブルです。

RCA端子はカナレのF-10、ステレオミニは同じくカナレのF-12ですね。

06251673000

06251674000

06251675000

加工というか製作技術はさすがにプロです。

06251676000

06251677000

ところどころにコブがあります。この部分がラダーです。

同じく電灯にすかしてみます。

06251678000 

06251679000

やっぱり見えないですよね。すみません。肉眼でで実物を見るとよく見えます。

では試聴といきましょう。

06251680000

最初はiPodケーブルのみ変えました。

iPodのイヤホンジャックに直挿し。

06251681000

感想は最後にまとめて書かせていただきます。

06251682000

私の自作品の自信作iPoddockコネクタRCAケーブルと聴き比べ。

06251683000

それぞれイヤホンジャック直挿し、iPoddockコネクタ経由、アップルユニバーサルdock経由等で聴き比べました。

スピーカーケーブルはラダー型ケーブル対ライカル線切っただけ

ちなみに気になるお値段は

ラダー型

こだわり派のipodYケーブル LTC3ipodRCA 3段ラダー型ipodケーブル
3.5φ×RCA(2本)1.0m ネット販売価格
16,800円

スピーカーケーブルSP型8段ラダー スピーカーケーブルLRペア2.0m SLTC8SP/P 2.0m8段ラダー

ネット販売価格 税込み24,000円×2本 48,000円

対する私の自作品

スピーカーケーブル @60円×約4m 240円

RCAケーブル 約900円

値段は恐ろしく違います。

さてその対戦結果は!!

まず、最初は「ん?ほとんどいっしょ?同レベル?」と感じました。

楽器の音の美しさ、伸びやかさなどいい勝負です。聞き分けられるほどではありません。

やや、ラダー型の方が元気に聞こえるか?

私が自作に使っているライカル線も電話線も味付けといわれる成分はゼロに近いとされています。

高級オーディオケーブルには楽器のように音色があるとされていますが私の自作品は忠実度100%と言われています。

ラダー型も同じ傾向です。音色は全く忠実そのものだと思います。

しかし、大きな違いがあります。

それはノイズです。

ずっと聞き比べていて「なんだか違うな~。なんだろうな~??」

確かに違うことはわかるのですが、自分ではどのように違うのかわかりません。

そこでいつものようにいやがる嫁さんを使ってのブラインドテストです。

嫁さんにスピーカーの前に目を瞑って立ってもらい、聞き比べてもらいました。

スピーカーケーブルをラダー型に統一して

RCAケーブルを私の自信作自作品とラダー型ケーブルとで入力スイッチを切り替えて比較しました。

最初に自作品、あとでラダー型です。

「どっちがいい?」

嫁さんは即答しました。「あとの方がきれいな音!!」

え!!まさか!!

いやがる嫁さんにしつこく頼んで3回聞き比べてもらいました。

順番を変えたりして試しましたが、ラダー型の3戦3勝です。

これでプラシーボでもまぐれでもなくラダー型の方がよいとされてしまいました。

どこがいいの?との私の問いに

「ラダー型の方は雑音が聞こえないけど、細い線(自作品)はジーとかサーとかの雑音がする。ピアノとかバイオリンとかフルートとかの楽器の音は同じ音。雑音の差」とド素人に答えられてしまいました。

それから一人で2時間くらい聞き比べましたが確かに嫁さんの言うとおりです。

私はこれまで楽器や女声の伸びやかさ、美しさばかりに気を取られていてノイズのことを気にしていませんでした。

いつも同じ部屋でパソコンを作動させているのでノイズになれてしまっていたのかもしれません。

確かに自作品からはノイズの音がします。ラダー型からは聞こえません。

念のためパソコンの電源を落として静かな部屋で聞き比べてみました。

う~ん。違いが際だつなあ・・・・。

当然といえば当然です。

ラダー型ケーブルはノイズを徹底的に防止するために考え出された究極のノイズジールドケーブルだからです。

ノイズ対策ゼロの私の自作品がかなうわけはありませんでした。

なかなかのショックでした。

「これがノイズか~。僕の自作ケーブルにはこんなにノイズが乗っていたのか~!!」

そして、一度ノイズが気になり出すと、ラダー型のことを知らなかった昨日までよりもよけいにノイズが気になります。

弱ったなあ~。ラダー型は僕の知識と技術じゃ自作はたいへんだろうな~。

ちなみに私の友人はモガミで自作して12時間もかかったそうです。

人件費を考えると販売価格は納得だと言っておられました。

同軸ケーブルで製作できるようです。

製作方法を教えていただいて何とか挑戦したいです。

  

 

2009年6月19日 (金)

ライカル線でスピーカーケーブル自作

Timedomainで推奨している電線、ライカル線を使ってスピーカーケーブルを作成してみました。

06091643000

0.2sq メートルあたりの単価は60円です。

赤黒の2本を購入しました。

結果が良ければRCAケーブルにも応用する予定です。

このケーブルはあのタイムドメイン社の製品にも使われているもので、

特徴として非常に細く柔らかいということがあります。

http://oyaide.com/catalog/products/p-247.html

一口メモ : 富士通テン製スピーカー”エクリプス”の推奨スピーカケーブル。また、タイムドメイン社製”Yosi9”にも標準使用されています。 柔軟性に富み耐熱性の高いの作業性の良いケーブル

仕様 材質 タフピッチ銅線 芯線 0.2sq(0.08/40本) 絶縁材 シリコン 外径 1.45mm

あっという間に巻癖が付くくらい柔らかいです。

道理でTimedomain miniのスピーカーケーブルがこんがらがりやすいはずです。

06091644000

06091645000

末端処理をします。

06091646000

赤と黒を選んだのはスピーカー端子が赤と黒だから・・・。

06091647000

06091648000_2

これまでの24AWGと比較してみました。太い方がライカル線です。

芯線は細いのですがシリコンの皮膜が厚いので外径は太くなっています。

06091649000

芯線の数が全然違います。ライカル線はなんと40本。

まさに蜘蛛の糸です。(タイムドメイン社の由井社長は揖保の糸=お素麺と表現されますが)

06091650000

シリコンが柔らかいのでケーブル自体にストレスがかかっていないように見えます。

では聞き比べです。期待に胸をふくらませながらアンプのスイッチをオン!!

試聴の一曲目はいつものキースジャレットのケルンコンサートです。

これも由井社長に教えていただいたことですが、

少し引用しますと、

オーディオの考え方、音について

1)忠実度

2)色付け、好み、主観的忠実度

1,と2に分けて考えることが出来ます。

一般に1,2はごちゃまぜに評価され議論されています。

1は客観的に評価出来ます。例えば音が聞こえるかどうか。 キースジャレットのケルンコンサートの5秒後で右側から聴こえる笑い声。  聴こえないのは忠実度最低です。男女の笑い声がはっきり聞こえれば充分の忠実度。  ケーブルの比較でも何の比較でも、この方法ではっきり分ります。

2に関しては各人考えも違うので、趣味、主観の問題です。 忠実度を挙げれば2の問題を超えて多くの人が良いと思います。

引用終わり

・・・ということで

☆5:女性と男性の笑い声
 ☆4:笑い声
 ☆3:人の声らしきもの
 ☆2:何かの音
 ☆1:何も聞こえず
という評価をすることが出来るとされています。

私のシステムでは☆5です。

でも同じ☆5でもさらにいろいろレベルがあるようでYoshii9ではさらに音場の奥行きや広がりを感じられるそうです。

前置きが長くなりました。

スピーカーケーブルを共立24AWGからライカル線に変えたところ、

最初は少しキンキンしました。トゲトゲしています。

細い線に変えたときはいつもこうなります。

しかし、ケルンコンサート5秒後の談笑はこれまでよりかなりはっきりと聞こえます。

忠実度についてはこれまでを上回る高得点です。

2曲目はセリーヌディオンのコンプリート・ベストです。

知っている曲がたくさん入ったお気に入りの1枚です。

・・・ああ、もう、聞こえてくる音の数が全然違います。

それにしても滑舌の良い音です。Timedomainminiの音とそっくりです。

miniの音はこのライカル線の性格が色濃く出ています。

私の耳が慣れたのか、あっというまにエージングが進んだのか、数曲聞き終わる頃には耳障りなキンキントゲトゲした音は消えています。

とても柔らかく優しい音です。

セリーヌの優しい歌声に包まれます。

良いケーブルです。

miniはずっとキンキントゲトゲした感じが取れませんので私の好みに合わず手放しましたが、もう少しエージングを重ねれば良かったかもしれません。

共立の24AWGも良いケーブルですが

ライカル線の方が一枚上手です。

おそらく私のシステムではこれ以上のスピーカーケーブルは不要ではないでしょうか?!

既に今の音で十分満足です。

友人のラダー形状のケーブルが気になりますのでもう少し自作を続けますが、

もともとの目的である「音楽を楽しむ」ということに没頭できる日は近いようです。

DVDで「のだめカンタービレ」を観ました。

音楽って本当に素晴らしいですね。

コミカルなドラマですがクラッシック中心で音楽を目と耳で楽しめる素敵なドラマでした。

クラッシクコンサートに行きたくなりました。

今日の最後は「フルート名曲集」、「宇多田ヒカルのAutomatic」、「安全地帯のワインレッドの心」で締めました。

2009年6月14日 (日)

スピーカーケーブル ベルデン8460から極細線へ

私が愛用しているスピーカーケーブルはベルデンの8460という白黒のツイスト線なのですが、

タイムドメインの由井社長からのアドバイスで、最近は細い線に興味を持っています。

RCAケーブルの自作は少し手間と時間がかかりますが、スピーカーケーブルは交換するだけですので一分もかけずに実験できます。

身近なケーブルを試してみました。

まずはLANケーブル。

LANケーブルは2本ずつの撚り線が4組、計8本を一束にして作られています。

この皮膜を剥いて芯線だけにし、

2本ずつをスピーカーケーブルにつないでみました。

2本ずつ撚り合わさったツイスト状態です。

う~ん・・・イマイチですね。

高音が伸びません。

全体的に曇りガラスのようなもやもやした音です。

「これはダメだ!!」とすぐに却下。

廃線を利用したのでコストはゼロです。

次に試したのが秋葉原で買ってきていた内部配線用の24AWGという極細線。

共立というメーカーの24AWG

たしかメートル単価30円前後・・・・・

これは、撚らずに一本ずつを左右に2本ずつ。

ぶらぶらさせたままつなぎました。

06091636000

これがすごいことに・・・。

最初の一時間は硬い感じの高音がキンキンした感じの音だったのですが、

みるみる音が変わっていって素晴らしく伸びやかな音になりました。

細い線ですのでエージングが早いのでしょう。

中低音のすっきり感はベルデン8460よりも上でしょう。

そして私の好きな高音は断然こちらが上です。

06091637000

実験のつもりでつないだ名も無き細線ですが、スピーカーから外せなくなってしまいました。

ベルデン8460に戻す理由が全くなくなってしまいましたから。

由井社長のお話では細い線で撚らずに繊維ストレスを与えずぶらぶら挿せるのがいいのだそうです。

今回の好結果は皆さんのシステムにそのまま当て嵌まるというものではありません。

私の好みや環境に合っていたというだけです。

ニアフィールドでの試聴のため線の長さが2メートル以内と短いこと。

大音量が不要であること。

ピアノ、弦楽器、女声など高音が伸びやかできれいな音楽を私が好んで聴いているということ。

等があげられます。

大きな部屋で重低音を響かせながら大音量で楽しんでいる肩にも当てはまるかどうかはわかりません。

次回はタイムドメインと同じ「ライカル線」でいろんなケーブルを作る予定です。

現在の音質には心から満足していますので、高価なオーディオ機器を購入する予定はありません。

それよりも手持ちのシステムの能力をいかに引き出すか?!ということが楽しくて仕方がありません。

鳥肌が立つCDを3枚紹介させていただきます。

2009年5月30日 (土)

カナレ4S11とベルデン8460

オーディオ用のスピーカーケーブルを聞き比べてみました。

ずっとベルデンの8460を使っているのですが、

気分転換にホームシアター用に使っているカナレの4S11をつないでみました。

購入はいつものHONEZOさんのところです

iPod、さらにiPhoneまで購入してしまって一段落付いてしまった感のある音質向上ですが、

あとは自分の好みの音を探す、という作業で良いと思っています。

さて、二つのケーブルを見て下さい。

Jisaku1549000

あ、カナレの方がちゃんと写っていませんね。すみません。

ではHONEZOさんの画像を拝借して・・・。

Honezouimg600x40111999676934s111

Honezouimg600x3901222352416lu0r1145

一番上の写真を見ていただければ一目瞭然ですが、

カナレの4S11はめちゃくちゃ太いです。皮膜部分は11ミリもあります。

この線を切断するのは大変な作業です。

そしてものすごく重いです。

ホームシアターをする度に家中に引き回すのですがかなりの重労働です。

ベルデン8460は3ミリずつ。硬くて曲げにくいですが軽くて使いやすいケーブルです。

ベルデンには9497というオレンジと黒のツイストケーブルもありますが、

私の耳では違いを聞き分けられませんでした。

私のスピーカーの内部配線には9497を使用しています。

さて、試聴です。

まずはいつも聴いているベルデンの8460。

YAMAHAの2本で8万円のスピーカーを買ったときにおまけで付いていたケーブルから

この8460に交換したときにはあまりの違いに驚いたモノです。

おまけのケーブルが悪いと言うことではありません。

有名なオーディオ評論家やオーディオメーカーの方の中にはこのオマケケーブルを好んで使われる方がたくさんいらっしゃいます。

オーディオメーカーのケーブルはオカルトなどとプラシーボ効果など入り交じっておかしな話になりがちですので私も注意しています。

それでも安いこともあって私のオーディオのスピーカーケーブルはベルデンです。

情報量が多く、私のが好む弦楽器や女声を美しく伝えてくれます。

HONEZOさんの解説では次の通りです。

ベルデンのプロ用2芯スピーカーケーブルです。世界中で放送局、レコーディングスタジオ、映画館やコンサートホールで標準として使われています。SONY STUDIOで使われていることでも有名なメーカーのケーブルです。レコーディングスタジオではCD、Super Audio CD、DVD-Audioのマスターをモニターするのに音に色付けがあってはなりません。放送局、映画館やコンサートホールでも然りです。そのようなところで使われるケーブルなので癖が無く、非常にフラットな音を聴かせてくれます。SNも良く、リファレンスとしてお使いいただけると思います。機器のキャラクター、特徴は良くも悪くもそのまま再現してくれます。 芯線1本の導体は7本×0.26mm=18AWG(0.82sq)、ケーブル外径は約4mm、1mあたりの撚りは約20回です。

アンプやCDプレーヤーなど、スピーカーの手前の機器を交換する度にその違いをはっきり伝えてくれる、まさにモニターケーブルです。

対するカナレ4S11

同じくHONEZOさんの解説は下記の通りです。

カナレのプロ用4芯スピーカーケーブルです。
放送局、レコーディングスタジオ、映画館やコンサートホールで標準として使われています。
よくミキサーの上にモニタースピーカーが乗っている写真などを見かけますが、
まず日本ではこのカナレのスピーカーケーブルが使われていると言っても過言ではありません。
レコーディングスタジオではCD、Super Audio CD、DVD-Audioの
マスターをモニターするのに音に色付けがあってはなりません。
放送局、映画館やコンサートホールでも然りです。
そのようなところで使われるケーブルなので癖が無く、非常にフラットな音を聴かせてくれます。
SNも良く、リファレンスとしてお使いいただけると思います。
機器のキャラクター、特徴は良くも悪くもそのまま再現してくれます。

4芯ですのでバイワイヤリングにも使えますが赤同士、白同士を撚ってお使いいただければこのケーブルの力を発揮します。
一般にはあまり知られていませんが、スピーカーケーブルが音を濁す原因になっていることがあります。
スピーカーケーブルは、比較的高レベルの信号を伝送するので、ラインケーブルなどの微弱信号回線への電磁妨害が問題となります。
この問題を解決するため、スピーカーケーブルに4芯構造を採用しています。
4芯の効果は、4本の芯線を中心より等距離に配することによって、磁界を互いに打ち消し合わせる点にあります。
そのため2芯の場合に比べて磁界の距離による減衰効果が大幅に向上。
スピーカーケーブルからの放射ノイズを低く抑えることが可能となります。
特に近くにラインケーブルがある場合、スピーカーケーブル→ラインケーブル→スピーカーケーブルの
磁気ノイズループを断ち切ることが出来ます。

芯線1本の導体は41本×0.26mm=2.18sq(14AWG)、ケーブル外径は10.7mmです。

オーディオメーカー製のケーブルが高すぎると思う方、飽きた方、物足りない方に最適だと思います。
音響のプロが使う音質、品質、コストパフォーマンスはオークション出品以来、多数の方にご好評をいただいております。

ホームシアターでは10年近く使い続けてきました。

さてベルデン8460から変更して試聴しました。

じつはAVアンプと違って私の真空管アンプTU-870Rのスピーカー端子は安っぽいモノであまり太いケーブルを挿せません。

もっと早く端子を改造しておけば良かったと悔やみながらもカナレの2芯を撚りまとめてアンプにつなぎました。

エージングは10年もやっていますので十分すぎるほどです。

一聴して違いがわかります。

評論家風に言うと「全体的に音に厚みがある」というのでしょうか?!

特にこれまで不満だった低音~中音域がものすごくたくましくなっています。

高音のきれいなサラブライトマンでさえ数段良くなりました。

ベルデンと同じような単価のケーブルで、聴く音楽や使用する機器によってどちらがよいとか、

さらには個人の好みの問題ですからカナレをおすすめするわけではありません。

ケーブルだけは自分の耳で気に入ったモノをチョイスするしかありませんね。

しばらくこのカナレ4S11を使ってみて「聴き疲れがする」などありましたらまたレポートさせていただきます。

HONEZOさんと私はなんの利害関係もありませんが、このブログではおすすめさせていただきます。

おそらく最安値だと思いますのでこの10年お世話になっています。

お会いしたことはありませんがメールのやりとりではとても親切で感じの良い方です。

私のトンチンカンな質問にも丁寧に答えていただいております。

最近のトラックバック

記事関連アイテム